マスターナンバー11

昨日だらだらと、なんと3時間もテレビをみてしまった。後悔の方が大きいけれど、ひとつ収穫もあった。数秘術。小林麻耶さんがはまっているとかで、少し話題に上がっていたのが気になって、あとで調べてみたのだけれど、、、 私の運命数は11。 これはマスターナンバーというらしく、ゾロ目の他のマスターナンバーと較べても、最もパワーがあ...

布ナプキン

  布ナプキン。 その存在は、8年前くらいから、EDAYAで色々な野外イベントやエシカル関係のイベントに出展していた同じ並びで、そんなお店もあったことから、知ってはいた。 でも、ぶっちゃけ、血のついたナプキンを自分で洗う?なんて信じられないと思っていたし、どう考えても面倒くさいと思っていた。 ただ、人の考え方...

コンプレックス

書こうと書こうと思いつつ、気づいたら8ヶ月。有言不実行はどうしたものか。 久しぶりのブログで、結構な暴露話になってしまうけれど、、、ふと、どうしても書きたくなったのを、許してください。 この写真。 ***************** 左向きの横顔も自信ないし→小さい時の手術跡あり&左耳聞こえない&顎のラ...

32歳1日目の覚悟

31歳の1年は迷いの年だった。何もかもが手探りでいつも以上に実験的で、そのうちに自分の中での意志とか優先順位とか決意みたいなものが、気づいたらこぼれ落ちてしまっていたような気がする。自分に自信がなくて、人の目を気にして、身動きがとれなくなる、嫌な自分が出てくる頻度が高くなっているのにも、危機感を感じていた。 私には一匹...

言い訳

言い訳が良くないのはわかっているが、一昨日、昨日と幾分、わたし的にはヘビーなテーマでブログを書き始めてしまい、それらが、まだ下書き状態で保存中だ。ほぼ日更新は、慣れてしまえば意外と行けそうな気もしてきたけれど、凝り性の私が本気で書き始めると、ブログだけで数時間時間を食うことが判明。それはこのブログの目的には沿わない気も...

衝動

変わりたいのに、変われない。 何かを変えないと変わらないのが分かっているのに、動けない。 ジレンマは衝動に繋がる。 ピアスをあけたって、髪を染めてみたって、出かけてみたって、 私の中身が変わらなければ、変わらないのはわかっているはずなのに、 どうしてかな。何度も何度も同じことを繰り返す。 でもあの頃と違って、その衝動の...

帚木蓬生

好きな作家は誰かと問われれば、私は必ず作家、帚木蓬生の名を挙げる。中学生の頃だったか、すでに高校生になっていたか、そこまでは忘れてしまったけれど、放課後の図書館で、小説が並ぶ棚の前にただただしばらく立ってみたあとで、直感で選んだ本が、彼の「精神病棟」の本だった。最初は、作家名をどう読めばよいかすら、検討がつかなかった。...

韓国ドラマ

何を隠そう、私は結構な韓国ドラマファンである。でも自主的に、というよりは環境がそうさせたという方が正しいかもしれない。韓流ブームが始まったころから、通っているジムの友達からDVDを借りるところから始まって、かれこれ10年以上は韓国ドラマを見続けている母親の横で、ちょっとだけーと言い訳しつつ見始めたら最後、結局はまって一...

Boodle Fight

人生で初めてBoodle Fight なるものを経験した。EDAYAでは、ツアーなどでゲストが来たりすると、BBQパーティーをすることが多いのだが、最近は毎週末ごとにBBQをするくらいゲストが多かったのもあって、8月から工房での教育プログラムがスタートしたばかりの現地の若者のウェルカムパーティーは、ちょっと趣向を変える...

Bamboo Glocal Village (EDAYA工房編)

高知県高知市の旧土佐山村と、フィリピン・カリンガ州マグシーライ村を竹を通じてつなぎつつ、一緒に教育ワークショップを作っていく試みが始まったのは、去年の11月。お互いの国を行き来しつつ、少しずつ、その教育ワークショップ案も固まってきました。(応援していただいているトヨタ財団からのレポートはこちら) とはいえ、まだその経緯...