言い訳

言い訳が良くないのはわかっているが、一昨日、昨日と幾分、わたし的にはヘビーなテーマでブログを書き始めてしまい、それらが、まだ下書き状態で保存中だ。ほぼ日更新は、慣れてしまえば意外と行けそうな気もしてきたけれど、凝り性の私が本気で書き始めると、ブログだけで数時間時間を食うことが判明。それはこのブログの目的には沿わない気も...

カエル

先月人生で初めてカエルを食べたのだが、その行為自体もアートになりうるということに、いささか驚きを感じたのが、先日訪れたサンシャワー展でであった。 コンテクストがあり、そこに対話が生まれる余地があるのであれば、単にカエルを食べるという行為が、主張になり、きっかけになり、アートになるのだ。深い。  

親日派と知日派

また知らないでいて、学んだことがあった。親日派と知日派の違いについてである。平田オリザさんの「演劇入門」の中で、「コンテクスト」について説明するために出てきた事例であった。 親日家とは、日本語では、日本の文化などに一定の理解のある人々をさす言葉であるが、韓国では親日派という言葉には、売国奴のようなイメージが含まれている...

サンシャワー 東南アジアの現代美術展

国立新美術館と森美術館で行われている「サンシャワー 東南アジアの現代美術展」に行ってきた。キュレーションのやりとか、感銘を受けることが多くて、買ってきた図録を見つつ、もうちょっと深く勉強したいなぁと思った次第。socially engaged art についても、ちゃんの学びたい。 と、びっくりしたのが、エドガーさんを...

都市と地方の境目

EDAYAでも2013年頃から本格的に、地方活性も視野に入れて、日本の地方とアジアの地方を竹を通して繋ぎ、国際交流/ 共創プロジェクトを展開している。けれど、最近感心を抱いているのは、都市と地方の関わり。というのも、例えば、アフリカでは2030年までに都市部に住む人々が51%となり、農村の大陸ではなくなってしまうと予測...

レガシー

とあるきっかけでオリンピック・レガシーについて調べる機会があった。そもそも私はレガシーの意味をなんとなくしか認識しておらず、初めて聞いた時には一体何のことか分からなかった。調べてみると、レガシーとは遺産のこと。国際オリンピック員会では「長期にわたる、特にポジティブな影響」と定義しているようだ。 特に私が面白いと思ったの...

ピアス

私の耳にはピアスの穴が8個。数年前まで9個あったその穴のうちのひとつは、気づいた頃には閉じてしまっていた。高校生の時に空けた2つを除いては、大学生のころ、心がえぐれそうだった時、何かを心に決めた時、その気持ちを忘れないようにと、ひとつひとつ開けていった。 セミコロンのタトゥーには意味があるのだそうだ。鬱や自傷行為といっ...

仏教と儒教と道教

一昨日のブログで高麗における仏教と儒教について、豆知識のひとつとして書いた。 「高麗では仏教も儒教も発展していた!成宗の時の儒学者崔承老は、政治改革案を提示しながら、仏教は心身を練磨する根本で儒学は国を治める道理だといったらしい」 小中高とキリスト教の学校に通ったからなのか、そして遠藤周作の「沈黙」や「深い河」を没頭し...

高麗

気になると、ついあれこれ調べてしまう性分だ。今見ている韓国ドラマの時代背景についても、結局色々とみてみてしまった。時は高麗時代。高麗は、現在の韓国の英語読みKoreaのもとにもなったとされていて、918年に開城(今の北朝鮮の都市のひとつ)を拠点に王建(ワンゴン)が建国した。935年には新羅を、936年には後百済を滅ぼし...

Better Barista

引き続きEDAYAの教育プログラムの話から。朝はCofee Meeting といって、全員参加の朝礼を毎朝行っているのだけれど、そこで行っていることは、それぞれの課題などの進捗の報告と、TEDx Talkの視聴とディスカッション、そして1日1チャレンジということで30日間新しいことに取り組んでいる学生たちの発表を聞く、...