好きな作家は誰かと問われれば、私は必ず作家、帚木蓬生の名を挙げる。中学生の頃だったか、すでに高校生になっていたか、そこまでは忘れてしまったけれど、放課後の図書館で、小説が並ぶ棚の前にただただしばらく立ってみたあとで、直感で選んだ本が、彼の「精神病棟」の本だった。最初は、作家名をどう読めばよいかすら、検討がつかなかった。そこから15年強。ファンであり続けている。

歴史や今を生きる、名もなき人々が紡ぐ物語に心奪われ続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です